ビジネスリュック Cheka

ビジネスにも遊びにも、どこにでも持っていけるビジネスリュック

今回製作したバックパックCheka(チェカ)は、日常生活における全てのシーンを想定しています。 最近はビジネスの場でもリュックが流行っていますよね。しかし、お客様や仕事のパートナーと会うときにリュックはちょっと・・。という場合はありませんか? Chekaはリュックとしても手持ちカバンとしても使用できます。 防弾チョッキにも使用される強靭なナイロン素材を使用し、摩耗や水に大変強いBackpackを日本の職人が作りました。 仕事に遊び、ジムや旅行、どこにでも連れて行けるBackpackです。

機能

Chekaの大きな特徴は、テントにも使われるターポリンを使用したフロントポケットです。 メイン収納部とは独立したポケットで、買い物袋などの急に増えた荷物やジムのシューズなどを入れることができます。 使わないときは畳んでバックルで止めておけば邪魔になりません。 フロントポケット部分には更に横からアクセスできるサイドポケットがあり、29cm×18cmまでのノートや書類、タブレットなどが収納できます。
小物ポケットは全部で4つあり、セキュリティを高めるために体に近い部分に配置しました。 ポケットの1つはスマホポケットとして使用できます。16cm×8cmまでのスマートフォンを収納でき、ポケット内部はメイン収納部と繋がっているため、充電コードを出しポケットの中でスマートフォンの充電が行えます。 ショルダーストラップにはカードポケットが付いており、ジムのセキュリティカードなどのよく使うカードを収納することができます。 手持ちカバンとして使用する場合には、ショルダーストラップは収納できるようになっています。 Backpackの表面とショルダーストラップには反射テープを貼っており、夜道での車からの視認性を高めます。 旅行や出張のときにキャリーバッグに取り付けることができます。 サイドポケットは500mlのペットボトルが入る大きさで、三脚などの長さのある物を入れる場合はストラップで固定できます。
内部はシンプルな袋になっています。 BLACK、NAVY、OLIVE共に裏地は視認性の高いオレンジを採用しているため、カバンのどこに何が入っているかが一目でわかります。 両サイドには隠しポケットがあり、貴重品やバッテリーなどを収納することができます。 PCスリーブは肉厚なスウェードになっており、大切なパソコンを衝撃や傷から守ります。 横長のメッシュポケットが2つ設置されており、小物はもちろん、ペンやお箸、歯ブラシなども収納できます。

サイズ

身長173cm 男性
身長152cm 女性
これだけの荷物を入れてもまだ余裕があります

カラーバリエーション

こだわり

Toughness (強靭さ)

今回「Cheka」に使用している材質はCORDURA Ballisticナイロンと言われ、CORDURAナイロンとBallisticナイロンのいいとこ取りをした素材です。 強度、柔軟性、撥水性、耐熱性を併せ持つナイロンで、軍事用の製品や防弾チョッキにも使用されている程強靭な材質です。 Chekaに使用しているCORDURA Ballisticナイロンは1680D(デニール)の強度を持ちます。
※デニール数が多い程強く丈夫です
・CORDURAナイロン インビスタ社が開発した特殊ナイロンです。 通常のナイロンの7倍の強度があるとされ、軽量ながら摩耗生、耐久性ともに高い生地です。 通常、CORDURAナイロンは100〜1000D(デニール)で使われます。
・Ballisticナイロン デュポン社が開発した特殊ナイロンで、強度は通常のナイロンの5倍と言われています。生地の質感は比較的軽く柔らかなコーデュラナイロンに対して、ガッシリとした硬さのある素材で、防水性と耐熱性に優れた素材です。 通常、Ballisticナイロンは800〜1700D(デニール)で使われます。

日本の職人の手作業で作成

僕が今回とても重要視したのは、日本の職人の手で作るということです。 人の手に触れて素材を確認し、一つ一つ手作業で作成されたBackpackです。
「Cheka」は、全て香川県高松市にあるカワニシカバンプロダクトの職人さんが手作りしています。 カワニシカバンプロダクトさんは、CORDURA Ballisticナイロンの使用経験が豊富で、自社ブランドも展開しています。 川西さんとは何度も顔を合わせて打ち合わせし、たくさんのサンプル作成を経てBackpack「Cheka」が誕生しました。

Water proof(防水性)

快適に背負えるように考えました